fc2ブログ
TOP◆オーナーの日記 ≫ アンティークのある暮らし(義両親のお庭からいただいて来たライラックを添えて)

アンティークのある暮らし(義両親のお庭からいただいて来たライラックを添えて)


こんにちは。

これから買い付けでは遠出も増えるので早めに画像を撮ったり準備をしています。

さて先日母の日に義父母のお宅でライラックを頂いて来ました。
昨年も頼んでいたのですが花がほとんど付かなかったとの事で2年ぶり。

ネットで見かけるライラックは花がもっとふっくらしているのですが両親のお宅のライラックは細長くて花もぎっしり詰まった感じがありません↓

でもアンティークだけのお部屋の中にお色が加わると本当に素敵ですね。
お部屋の中はとっても良い香りがしています。ただちょっと強すぎるくらいかしら?窓を開けています、笑。

欲張って枝ごといっぱいもらって来たので陶器キャニスターにもちょこんと入れたり、楽しんでいます。

我が家にも植えたいのですが彼が開花時期が短い花は植えたくないようで・・

お庭は日本に比べれば広さはあるので植えれるスペースはあるのですが一度植えるむやみに位置替え出来ないので慎重に!です。

薔薇は外壁に添わせたら場所も取らないので植えてみたいのです。

今はお世話が出来ないのでアンティークのお仕事を減らして行く頃にお庭にお花をたくさん植えたいです。

お庭の花を切って部屋で楽しめる生活に憧れます。

どこに飾ろうかとあれこれディスプレイを考えてやっとここに決まりました。

ヴィクトリアンスタイルでトルソーやお洋服を飾って楽しむのも好きですがやっぱりコッテージスタイル、カントリースタイルが好きです。

春先に大きなキャビネットを移動してもらえたこの場所にやっとシェルフを取り付けました。
シェルフもむやみに設置して後悔したくなかったので買ってから位置が決めれずもう3年以上も保管していました、笑。

お店の撮影で日当たり時間なども考えて柔軟にディスプレイが変えれるように考えていました。
彼がのど真ん中に設置した方がいいんじゃない?との事で真ん中に設置してヴォレーを両側に置きました。

我が家の壁は凹凸感がないのでヴォレーを置くだけで少し雰囲気が出ますね。
最近は日本もリフォームで何でも素敵になりますが撮影用に固定した空間ではなく、模様替えがし易くしたいのでヴォレーは便利アイテムですね。

お気に入りのシャビーチェアに似合うディスプレイにしたかったので南フランスのお宅の雰囲気をイメージしたつもりです、笑。
麦わら帽子やバスケットなどで温かみをプラスしてレースドレスやスカーフを加えて優しい雰囲気にして見ました。

今週末からインスタで小物販売する予定です。
お時間ありましたらインスタの投稿、ストーリーズもチェックしてみてくださいね。


lilac20220512.jpg

Comment













非公開コメントにする