TOP◆オーナーの日記 ≫ アンティークコンソールの上にグリーンを添えて

アンティークコンソールの上にグリーンを添えて


昨日はお花屋さんに行ってきました。
オランダは花大国なのでお花は安いと思います。

こちらの胡蝶蘭は少し前に買ったものですがこんなに立派で陶器のプラントポット(今はアンティークのものに入れていますが)がついて1,800円くらいです。この胡蝶蘭は長い枝を手前にまとめて曲げているののでお花がまとまっていて豪華に見えますね💕

201805072.jpg

先日のすずらんもダメになってしまったので久しぶりにお部屋にグリーンが欲しくなりました。

葉の形がちょっと違うような気がしますがオオデマリでしょうか?
上画像のようなフレンチアイアンフラワーベースの大きなサイズも持っているのですがそれに入れる紫陽花でも買おうかと思って行ったのです。
時計の下のコンソールに背の高いお花を飾ったらきれいかなと思い、こちらにしました。
いつもはアンティークの大きなワインボトルにドライ紫陽花を入れて飾っていたのですがお花がたくさんあると雰囲気でますね。

トルソーは当店で販売しているものです^0^エンジェルウィングやコルセットを付けてお嫁入りするまで我が家で楽しみます。
左の大きなスタンドはフランスで見つけたもの。恐らく教会で使われていたもの。以前はペイントされていなくて虫食いなどもありました。またコンソールテーブルはブルーにペイントされていたのですがどちらも彼がエクリュベージュにペイントしてくれました。

そのエクリュベージュのペンキはというと・・・実は当店のドールドレスを譲ってくださるオランダのマダムからいただいたもの。
彼女のお宅も我が家と同じフロアのお色でルイ16世スタイルの家具をこの色でペイントされていたんですね。それでペンキについてあれこれ聞いていたらガレージにあるから空きビンに入れて持って帰ってもいいわよととても気さくな方なんです。
当店で販売した彼女から譲っていただいたドールチェアなどもこのお色です。

自分の気に入った家具でお色までぴったり合うものはないのでペイントするしかないですね。
ディスプレイのセンスがとてもよく雑誌などでもご活躍のオランダのあるブロカント店の方は新しく買ってきた家具や雑貨に合わせて壁をペイントし直すんですって。さすがディスプレイの達人はすごいなーと思いました。

20180507.jpg

Comment













非公開コメントにする