FC2ブログ
TOP◆ヨーロッパ ≫ アンティーク/プレゼピオのモコモコの毛が付いた羊さん

アンティーク/プレゼピオのモコモコの毛が付いた羊さん


こんにちは。

日曜日は買い付け先は雪が積もっていました。
この時期はドイツに限らずオランダやベルギーでもクリスマス関係のイベントやドイツのクリスマスマーケットが多いのでブロカントは出店者もお客さんも少なめでした。
ドイツのクリスマスマーケットはオランダ人でもバスツアーでやってくるほど人気があります。

昨日は買い付けから帰ってきて用事があって彼の両親宅へ行ってきました。

当店で販売しているモコモコ毛がついたこの羊さん。
知らない方も多いのですがイエスが生まれた馬小屋のシーン、「プレゼピオ」で飾られていた羊さんたちなのです。
サイズもいろいろとあります。
キリスト教関係の絵画に羊が描かれているのが多いのですが神の子羊はイエスを指す表現のひとつだそうです。

当店でも扱っていますので是非ご覧になってくださいね。
http://www.antique-lille.com/product/5305
http://www.antique-lille.com/product/5306

実際に見るともっと可愛いのですよ。我が家でも年中飾っています。

201712101.jpg

彼の母が毎年飾っているプレゼピオです。こちらは当店のものほど古いものではないですが石膏製で家族から受け継いできた大切なものだそうです。

201712102.jpg

こちらが母の持っている石膏の羊たち。当店でもこのタイプも扱ったことがありますね~。
両親宅は一昨年からツリーなどは窓辺の外側に飾っていますのでちょっと画像が見づらくてすみません。
こちらは外から撮りましたが、うちのオチビさんが家の中から見ていますね。私が外にいたので出てきたかったみたいです^0^

201712103.jpg

知り合いのディーラーさんはおばあさまがお持ちだったという羊さんを屋根裏部屋から見つけてきて今、大切にしているのとおっしゃっていたり・・・ヨーロッパ人にとっては別の意味で可愛がられている羊たち。

ということで可愛い羊さんがどんな風に使われていたか、ちょっとしたエピソードでした。

Comment













非公開コメントにする