TOP◆ヨーロッパ ≫ フランスの格安ホテル事情

フランスの格安ホテル事情


こんにちは~。

いつも素敵なホテルに泊まっていると思われているかもしれませんが今日は休暇を兼ねていない普段のホテル事情をお話しますね。

普段はもちろん格安のホテル。
価格は一泊35ユーロから50ユーロくらいまで。

本当にひどい環境に遭遇することは度々あります。
2人宿泊なのにタオルが1枚しか部屋に置かれていないなどはよくあること。
ソープやトイレットペーパーも少なくなってきても確認せず無くなっていることもよくあること。

もちろんフロントで頼めばもらえるのでしょうけれど、うちの彼/オランダ人。あまり細かい事は気にしません。フランスはこんなものと・・・受け入れている。先日同じホテルに泊まっていたイギリス人業者はフロントで喧嘩腰でかなりクレーム付けていました。
性格もあるのでしょうけれどやっぱりお国によっても考え方違いますね。
私は最初納得行きませんでしたが最近諦めました、笑。

ということで普段から予備のタオル、ボディシャンプーやシャンプーを持って出かけています。

この写真のホテルは先日初めて泊まりました。
まだできたばかりで室内はとてもきれいでした。格安で税込みで35ユーロ。
ただお部屋がとても狭いんです。ベッドの周りは30~50センチ程度の余裕しかありません。
写真撮っている場所はバスルームの前で我が家の愛犬のマットを3つほど置ける程度のとても狭いスペース。
バスルームはトイレとバスが同じフロワ―でシャワーをする事に・・・
清潔なホテルでしたが小さなココでも狭かったみたいで動くこともできず固まっていました~。

この日の前日はシャワールームのカーテンのリングを付ける穴の半分が破れてほとんどかかっていない状態。
おまけにカーテンレールが伸縮式でずれて落ちてきたのにはびっくりしました、笑。

20161123.jpg

普段はもう少し広いお部屋ですが清潔感というと・・・沈黙になります。
オランダに在住している日本人の友達は以前よく旅行をしていたそうですがベッドも信用できないと言ってホテルに泊まるのに寝袋を持参していたとのこと・・・笑。
確かにホテルのお部屋がずっと使われていなかったのでは???と思うほど埃が付いていることもあります。

と、フランスのとっても怖いホテル事情みたいになってしまいましたが全部のホテルがこんな状態ではないのでご安心くださいね。
でも私たちが仕事で使う格安ホテルというとこんな場所が多いということです。

日本からご旅行に来られる方は旅行会社の方がちゃんとしたホテルを選んでくれていますので安心です♪
でもご自身でプランを立ててご旅行される方は良いホテルを選んでくださいね。
最近はトリップアドバイザーというホテルやレストランの評価を読めるサイトがあるのでそういったサイトを参考にホテル選びしてくださいね。

Comment













非公開コメントにする