TOP◆オーナーの日記 ≫ アンティークの楽譜やノート、本とレースを使ったアレンジ

アンティークの楽譜やノート、本とレースを使ったアレンジ


昨日はベルギーのブリュッセルでまたテロがありました。
ベルギーには毎週買い付けに行くほど身近な場所なのでフランスを含め、今年は本当に買い付けが心配です。

一部の方からはご心配してわざわざメールをいただきありがとうございました。
私たちは平日は買い付けにはほとんどで出かけませんので大丈夫でした。

今週はじめまで本当に慌ただしい日々を送っていましたがやっとソファに座って雑誌を見る余裕も出てきました^0^

昨日の夜はお店のものの整理をしていたら片付けや部屋のディスプレイまでしはじめてあっという間に2時間以上経っていました。
私、なぜか夜寝る前の遅い時間からごそごそしてしまうタイプなのです。

昨日は夜の空いた時間を使って雑誌で見たものを少し自分流にアレンジしてみました。

表紙もぼろぼろの古い本にレースを巻いて懐中時計を一緒に飾っていた雑誌の一画像からアイデアを得て、鍵を付けてみました。これは商品の撮影にも時々使っているのですが今回はレースをしっかりしたものに変えてみました。この本、あえて痛みのあるものを選び買いました^0^

それから古いノートにレースを巻いて紐で結んでいるものも見かけたので作ってみました。
表紙が素敵なものを探すのではなく、安く手に入ったシンプルなものを買ってアレンジするヨーロッパのブロカントファンはやはり違うな~と感心してしまいました。

この本もただ同然で見つけたもの、ノートに見えるものは実は楽譜なのですが表紙は本当にシンプルなのですが壁に貼ったり巻いてレースで結んだりしてもいいかな~と楽譜メインで買ったものだったのですがこんなにも可愛くなるとは💕

20160323.jpg

ヨーロッパのブロカント&アンティークファンはレースは洗わずそのまま飾る、ホールやミがあるものは気にしない(逆にその雰囲気を好む)など新品に近いアンティークよりはそのアイテム自体ももちろんですが使われてきた歴史や雰囲気を楽しまれているのかな?と思います。

Comment













非公開コメントにする