TOP ≫ CATEGORY ≫ ◆ヨーロッパ
CATEGORY ≫ ◆ヨーロッパ
       次ページ ≫

フランスの菜の花畑


こんにちは。

今日は母の日ですね。日本に住んでいるときは知りませんでしたが世界共通、オランダも今日は母の日です。
私は子供はいませんが一応、愛犬(キャバリアキングチャールズスパニエル)のママなのでバラの花束をもらいました^0^

3-4月のお休み後、フランスに3度も行っていたのと、家具のお世話でもあって慌ただしい日々を送っていましたが今週末くらいから少し余裕もできました。
今日はまだ更新の準備が残っているのですがいつもよりゆっくりできそうです。

フランスの菜の花畑です✿3度目に行ったときの画像ですがお天気が良くて空が真っ青でコントラストがとてもきれいでした。

いつもは高速からこの菜の花畑を眺めることが多かったのですが近くに行って見ると私の背よりも高いものもあってびっくりしました。

我が家のオチビさんも菜の花畑の近くのビールの麦畑で思いっきり走って楽しそうでした。
フランス観光と言えばエッフェル塔やパリの街中も多いですが、実際のフランスってこんな田舎が多いです。
のんびりしていて自然が多くて落ち着きます。

最近は一般観光旅行では行けないこういった旅行を希望する方も増えているようですね。

201805131.jpg

20180509_191339.jpg


ヨーロッパ犬のパスポート


こんにちは。

いつもマーケットの写真だけなのですが今日は道路事情などもお話したいと思います。

こちらはオランダからベルギーを通過してフランス入りするところです。
↓の部分に警官が立っていて怪しい車や大型の車は特に質問されたり、チェックされたりします。オランダ、ベルギー間はこんなチェックポイントはありません。
この日は運が良くて2台も質問中だったので止められることもなく、スムーズに通過できました。
バンに乗っているので検査されやすく、ちょっと前に行ったときは車の中をチェック、所持金の確認されました。
彼が調べたところ10,000ユーロまでは大丈夫だとか???
そして同じ日に高速を走っていると今度は軍警察に止まるよう指示されてまた車の中を検査されました。
悪いことはしていないですが一日に2回も警察官に止められるとびっくりしてしまいます。

201803111.jpg

オランダを出るときはパスポートを持参します。近郊のドイツやベルギーまで行くときはオランダのIDを持っていてパスポートは持って出ないこともあるのですがフランスに行くときは必ず持参します。
そして我が家の愛犬、ココのパスポートは国外に出るときは必要です。

201803113.jpg

時々、ココちゃんは元気ですか?と聞いてくれる方がいらっしゃるので久しぶりに写真です。
いつもは元気いっぱいなのですが元気いっぱいの時の写真を撮るのって難しいですね、汗。

こちらはフランスの長旅でお疲れです。彼の腕をしっかり掴んでいます。
「まだ着かないの?」って訴えている顔です。



201803112.jpg

我が家での様子。おもちゃ箱から全部のおもちゃを出してきてこんな状態です。子供は片づけを覚えさせますが犬なので片付けは私。
写真にたまたま写っていませんがココのお気に入りはIKEAのダックスフンドのぬいぐるみです。

201803114.jpg

ドイツのクリスマスマーケット


今日は仕事も落ち着いていたのでドイツの近くの都市、アーヘンまで出かけていました。

仕事柄マーケットに行くことはあっても自分たちの物をショッピングしに行く時間はほとんどないので本当に久しぶりです。

そしてクリスマスマーケットも見てきました。
今度は別の都市へ・・・と思うのですがなかなか時間がないので遠出できませんが。アーヘンは我が家から30分もかからないところにあります。

ショッピングセンターの中のツリー。もっと大きなものもあったのですが飾りつけが昨年のものに似ていたのでこちらには載せていませんが昨年FBで紹介しました。
こちらは所々にこのくらいのツリーを飾っていたのですが丸いオーナメントだけで飾りつけしていましたがサイズが異なるのです。
上方は小さなオーナメント、下に行くほど大きなオーナメントが使われています。そしてツリーの奥の方にもしっかりオーナメントが飾られていて奥の方も小さなオーナメントを使っていました。
シンプルですがこういった飾りつけも参考になりました~。さすがプロの方が飾ると違いますね。

201712181.jpg

そしてアーヘンのクリスマスマーケットにようこそ~。

201712185.jpg

山小屋の形をした可愛いテントがあちこちにあります。

201712184.jpg

今日はあいにくの雨でしたがたくさんの方が来られていました。アーヘンはベルギーのリエージュからも遠くないのでフランス語もあちこちで聞こえてきました。

201712182.jpg

私の毎年の一番の楽しみは実はクリスマスマーケットではなくこちらのベーカリーの飾りつけ。
クリスマスにちなんでサンタ型やツリー型などのクッキーはもちろんですが飾りつけがドイツらしくてとても可愛いんです。
毎年違った飾りつけをしていてとても楽しみです。

201712183.jpg

ちょっぴりですがヨーロッパのクリスマスの雰囲気を味わってもらえたでしょうか?

ミニチュアのクリスマスタウン


毎日お天気が悪くて2.3時間掛けて写真撮影が一日に3.4点くらいしかできず、仕事も遅れ気味です↓
今日も仕事が残っていましたが気分転換に近くの朝市に行ってから、以前住んでいた町のカフェでランチ、自然公園でお散歩してきました。

以前住んでいた町のカフェにミニチュアのクリスマスタウンが飾られいたので写真に収めてきました。

現行品ですが飾るとやっぱり雰囲気ありますね。本当に良くできていて見入ってしまいました。

観覧者とスケートリンク、スケートリンクであえて転んだ子供たちの姿も・・・可愛い。

201712161.jpg

メリーゴーランド。

201712162.jpg

風車、教会、お肉屋さんなど本当に良くできています。

201712163.jpg

駅や公園。

201712164.jpg

クリスマスツリーショップもありました。
本当によくできています。

201712165.jpg

今日はこの真横でゆっくり見ながらランチしました♪

アンティーク/プレゼピオのモコモコの毛が付いた羊さん


こんにちは。

日曜日は買い付け先は雪が積もっていました。
この時期はドイツに限らずオランダやベルギーでもクリスマス関係のイベントやドイツのクリスマスマーケットが多いのでブロカントは出店者もお客さんも少なめでした。
ドイツのクリスマスマーケットはオランダ人でもバスツアーでやってくるほど人気があります。

昨日は買い付けから帰ってきて用事があって彼の両親宅へ行ってきました。

当店で販売しているモコモコ毛がついたこの羊さん。
知らない方も多いのですがイエスが生まれた馬小屋のシーン、「プレゼピオ」で飾られていた羊さんたちなのです。
サイズもいろいろとあります。
キリスト教関係の絵画に羊が描かれているのが多いのですが神の子羊はイエスを指す表現のひとつだそうです。

当店でも扱っていますので是非ご覧になってくださいね。
http://www.antique-lille.com/product/5305
http://www.antique-lille.com/product/5306

実際に見るともっと可愛いのですよ。我が家でも年中飾っています。

201712101.jpg

彼の母が毎年飾っているプレゼピオです。こちらは当店のものほど古いものではないですが石膏製で家族から受け継いできた大切なものだそうです。

201712102.jpg

こちらが母の持っている石膏の羊たち。当店でもこのタイプも扱ったことがありますね~。
両親宅は一昨年からツリーなどは窓辺の外側に飾っていますのでちょっと画像が見づらくてすみません。
こちらは外から撮りましたが、うちのオチビさんが家の中から見ていますね。私が外にいたので出てきたかったみたいです^0^

201712103.jpg

知り合いのディーラーさんはおばあさまがお持ちだったという羊さんを屋根裏部屋から見つけてきて今、大切にしているのとおっしゃっていたり・・・ヨーロッパ人にとっては別の意味で可愛がられている羊たち。

ということで可愛い羊さんがどんな風に使われていたか、ちょっとしたエピソードでした。